水道 工事でトラブルは専門業者に相談を

水道 工事でトラブルは専門業者に相談を 水道 工事の問題は、放置しても状況は良くなることはなく、むしろ悪化することが珍しくありません。そうなる前にプロの専門業者に上下水道の状況をチェックしてもらい、正しい対処をして、問題を早めに解消するようにしましょう。さびやつまり、漏水などの問題を早期に解消することがポイントです。

■外見から内部が分からない

一般家庭でよく発生するトラブルのうち、外見から中のことがよく分からず、放置されやすいトラブルの一つに水道管の問題があります。これは、何か問題が発生していても、とりあえず水が出ている、水が流れているということで使用上は何ら問題なく、正常に上下水道が使える限り、その問題に気づかないままになってしまっているからです。
しかし、水道管もいずれ老朽化などが原因でトラブルが発生し、補修や工事が必要になることは珍しくありません。特にアパートやマンションなどの集合住宅で築年数が経過している場合、入居前のチェックでは見つからなかったトラブルが、入居しばらくして水道管のトラブルとして見つかることもあるのです。そのようなとき、トラブルを放置したままにしてしまうと、後で面倒なことになります。水道管のトラブルに関しては放置すると、さらに状況がひどくなってしまいます。
もし、何かしらの問題を発見した場合は、できる限り早い段階でプロに相談して、状況をチェックしてもらうことが必要となります。状態がひどくなってからでは、大掛かりな対処が必要になり、さらに経済的な負担が大きくなることがあります。

■水道管の問題がある兆候
水道管に起こる問題の兆候としては、まず異常な音があります。空気が破裂するようなぽん、ぽん、ぽんという音を立てながら上水道から水が流れる、空気の塊が突然出たようになり、水があたりに飛び散る、などの兆候は上水道の一部につまりが発生し、何かトラブルの兆候になっている可能性があります。また、古い水道管の場合、さびが原因で赤茶色のさびの水が出てしまうこともあり、放置すると水道管自体に穴が開き、漏水する、などさらに悪化する可能性があります。
また、下水道では、水が止まってしまい、なかなか流れない、ということも珍しくありません。最初のうちは時間がたてば流れる、ということで放置していたものの、最終的に大きなつまりになり、結果的に流れなくなってしまった、ということがあります。一度、そのような状況に陥ると解消するのは難しいのが現状で、後で余計な手間や負担がかかってしまうことがあります。そうなる前に早めに対処をして問題を解消するようにしましょう。プロの専門業者であれば、水のトラブルに対して迅速に対応してもらえるため安心です。

■業務用の水道関係

業務で使用している居抜き物件でも、水のトラブルは意外と多くあります。居抜き物件の前の持ち主が使用していたときに、排水管内部につまりがたまり、後で取り除かなければならない、ということがあります。排水管に関しては、賃貸主とオーナーのどちらが修理や補修をしなければならないか、トラブルが発生した水道管の場所によっても違います。
責任の負担に関して明確にするため、業者によく確認してもらい、水道管の問題を解消するようにしておくことが確実でしょう。水道関係のトラブルは放置しておくと、さらに悪化してしまい、悪臭などの原因になることがありますので、早めに対処をするようにしましょう。

■まとめ
水道管関係のトラブルは、一般の人が外見からチェックしたとしても、なかなか何が原因なのか分からず、そのまま放置されがちです。もし、問題がはっきりと分からないのでしたら、一度、プロの業者に相談して解決してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース